テニス肘

北京堂鍼灸院 新潟市

テニス肘


テニス肘は外側上顆炎といわれる肘の骨が筋肉によって引っ張られて起こる炎症症状です。

 

主に肘の骨と腕の筋肉が痛み、テニス選手がバックハンドで打つ時に痛めることからバックハンドテニス肘と呼ばれるようになりました。

 

テニス肘は単純に腕の筋肉が緊張し過ぎていておこるので、筋肉の緊張を緩めてあげれば筋肉の引っ張りが無くなり、骨膜の炎症が無くなりテニス肘の症状も無くなります。

 

テニス肘は単純な症状ですが、案外治せない施術院が多く、何回も通うことになります。

 

それではいつまでたってもプレーに集中出来ません。テニス肘を早くしっかり改善すればプレーも向上するでしょう。

 

 

 

 

テニス肘(外側上顆炎)の原因

テニス肘は外側の肘の骨から指先にかけて着く筋肉が、骨膜を引っ張ってしまい炎症を起こすことが原因です。原因筋は一種類ではなく複数の筋肉が束になって引っ張る事で起こります。これらの筋肉は手の甲側に手首を曲げる時や、強く握る時に緊張します。筋肉が強く緊張することで付着する肘の骨が引っ張られてしまい、骨膜が炎症を起こして痛むのです。

テニス肘の原因筋

総指伸筋橈側手根伸筋尺側手根伸筋

痛みの出やすい部分

 teni

 

これらの筋肉をしっかり緩めることでテニス肘は解消できます。特に筋緊張が強い筋肉はマッサージ等ではなかなか改善しませんので、しっかり筋肉に届くように刺鍼しなければテニス肘は治りません。

 


 

 

なぜテニス肘は起こるのか?

テニス肘は単純に前腕の筋肉を緊張させた状態が続くことが問題なのです。

 

スポーツを始める前にはしっかり柔軟をしますが、終わったあとにストレッチをしない人がいます。

 

まさに、このタイプの方がテニス肘になります。筋肉は疲労したまま冷やすと伸び縮みが出来ない硬い筋肉になり、付着する骨膜を引っ張る様になるのです。

 

初期は休めば元に戻りますが、繰り返すことでドンドン緊張は強くなり、元に戻りずらくなる事で、骨膜の炎症まで悪化するのです。

 

テニス肘の鍼灸

北京堂(新潟)の鍼灸は原因筋に直接アプローチが出来る、最新鋭のテニス肘施術です。

 

テニス肘の原因は腕の筋肉が骨膜を引っ張って炎症させることですので、筋肉をしっかり緩めて、伸び縮みができる良い筋肉にしなければなりません。

 

当院の施術は原因筋まで直接鍼を届かせて緩め事が出来ます。しかも、刺鍼本数を増やすことで大きな効果が期待できます。

 

これはマッサージの様な皮膚から間接的にアプローチする施術と違い、直接筋肉に鍼を届かせることが出来る鍼施術独自の大きな特性です。

 

筋肉が痛む程度なら2~3回で大きく改善します。(骨膜まで炎症が起きている場合は回数かかることがあります。)

 

 

院長から一言

1344北京堂鍼灸院(新潟)院長

吉村 高福(よしむら たかよし)

 

新潟県十日町出身

国家資格

・鍼師・灸師

・按摩マッサージ指圧師

・柔道整復師

 

テニス肘はとても単純なメカニズムですが、改善できない施術院が多い事も事実です。

 

改善しない原因はマッサージや電気治療機に頼るからです。

 

ハッキリ言って、鍼施術の方が効率的に改善します。

 

嘘だと思う方は一度施術を受けて見たください。

 

 

 

お問い合わせ・アクセス

北京堂鍼灸院 新潟


1212

 

TEL:025-369-4158

完全予約制・当日予約も可能です。

 

○受付時間 9時~20時

最終受付 19時

○住所:新潟県新潟市西区寺尾東1-3-8

○アクセス:バス停「坂井東二丁目」から徒歩1分、寺尾駅から徒歩10分

 

☆初めての方は、お電話にて初めてです。インターネットを見た。」とおっしゃってください。こちらからご希望の日にち、時間をお伺いします。駐車場の位置や当院の場所はアクセスに記載しておきますが、近くに来た際にわからないようでしたらお電話でご説明します。