坐骨神経痛 新潟市 鍼灸

北京堂鍼灸院 新潟

新潟市で坐骨神経痛にお悩みの方へ


坐骨

北京堂鍼灸院(新潟)の治療は坐骨神経痛にとても効果があります。ツライ坐骨神経痛でお困りでしたら、当院の治療を試されることを勧めます。

 

 

あなたはこんな坐骨神経痛に悩んでいませんか?

1坐骨

 

 

 

坐骨神経痛は「しびれ」「痛み」「何かが張り付いてる様な違和感」を感じるツライ症状です。

 

少し違和感がある程度なら良いですが、放置すると悪化して強いしびれになったり、感覚が明らかに鈍くなったりします。

 

 

坐骨神経痛の特に困ったことは、薬が効かないことです。市販や病院で薦められる薬のほとんどが「痛み止め」です。

 

ですが、痛み止めは痺れには効果がありません。坐骨神経痛は痺れ(神経痛)が原因だからです。

 

他にビタミンB関係の薬(ナ○リンなど)もありますが、これは神経組織の修復を助ける薬なので、すぐに治るものではありません。

 

 

こんな坐骨神経痛で悩む状態が続くようでは何をしていても楽しくありませんし、

 

なにより仕事や生活に支障が出ます。

 

それは防がなくてはなりません。早く坐骨神経痛を治して仕事や運動に復帰しましょう。

 

 


 

北京堂の坐骨神経痛治療が選ばれる理由

 

北京堂鍼灸院(新潟)の鍼治療は坐骨神経痛に大きな効果があります。

 

効果が出やすい事と、その効果が大きい為、比較的早く坐骨神経痛は軽減するでしょう。

 

 

しかし、誰でも受けれる治療ではありません。

 

鍼治療ですから鍼に強い恐怖心があったり、刺激が少ないやさしいマッサージなどで治したい人は当院の施術はおすすめ出来ません。

 

当院の鍼治療は患部にひびくように感じます。強めの指圧の様な感覚です。

 

効果を追求した結果、ある程度の刺激は仕方ないのです。

 

ですから、効果を第一に求める方は当院の治療をご検討ください。

 

 

 

軽症な坐骨神経痛だと3回~5回で治ります。

 

坐骨神経痛が出て早期の方については平均3回~5回で痛みや痺れは無くなります、長期間症状が出ている方や高齢な方については、もう少し回数や期間が必要になります。他の治療方法と比べて効果が大きいので、少ない回数の施術で治癒に至ります。


他の治療院で治らなくても改善は可能です

 

坐骨神経痛は腰やお尻の神経の出口にある筋肉が緊張して神経を圧迫する事が原因です。整体やマッサージ等の浅い治療では改善が出来ないこれらの症状も北京堂(松江)の鍼治療では改善が可能です。なぜなら原因筋(インナーマッスル)に、安全に鍼を届かせることが出来る北京堂式の鍼治療を行っているからです。


ヘルニアや脊柱管狭窄症と診断されても改善はありえます。

 

病院でヘルニアや脊柱管狭窄症などの診断を受けていても症状の改善は十分にありえます。レントゲンやMRIの診断は確実では無いのです。実際にヘルニアや脊柱管狭窄症の診断を受けていた患者様も多くいましたが、7割以上の方が改善しています。何もしないであきらめるより、どんな施術も試されることをおすすめします。

 

坐骨神経痛の原因

 

坐骨神経痛は病名ではなく、症状の総称です。坐骨神経が何らかの原因で圧迫をされたことで、「痺れ」「痛み」「何かが張りついている様な違和感」を感じることを坐骨神経痛と呼びます。

 

坐骨神経痛の原因は大きく3つに分かれます。それは骨(関節)、筋肉、椎間板です。

 

骨が圧迫する坐骨神経痛は実はかなり少なく、ほとんどの坐骨神経痛は筋肉が神経を圧迫しています。主に足に向かう神経の出口にある大腰筋やお尻にある梨状筋等の殿筋群が圧迫知るのです。

 

筋肉が圧迫する坐骨神経痛の特徴は姿勢や動き、時間帯で坐骨神経痛の症状が強弱することです。

 

原因の筋肉が異常に緊張することで神経を圧迫するのが坐骨神経痛の原因ですので、原因筋に鍼を届かせて筋肉の緊張を弛緩させてあげることで坐骨神経痛は改善します。

 

では、詳しい坐骨神経痛の種類と症状をご説明します。

 

 

 


 

 

坐骨神経痛の種類と原因筋

坐骨神経痛は現在、足の神経痛症状の総称で呼ばれていますが、実際は坐骨神経以外にも神経はあり、各神経によって痺れなどの症状の出る位置が変わります。

 

 


 

坐骨神経痛

zako

 

坐骨神経痛のなかで一番多い症状がやはり、坐骨神経からの症状です。坐骨神経は腰から出て束になり、お尻から後ろに出てきて、腿のうら、膝の裏を通過して2つにわかれて、足の表裏にいたります。坐骨神経痛の症状が出る位置も神経走行上でお尻や腿裏、ふくらはぎ、足の表裏に出てきます。

 

【痛む動作、姿勢】

長時間の椅子に座った姿勢で坐骨神経痛の症状がでる。腰を伸ばすと(立ち上がる、歩いている)と坐骨神経痛がでる。夕方になると坐骨神経痛が出る。

 

 


 

外側大腿皮神経痛

se

腰の神経の一部が束になり、股関節から外に出てきて腿の外側を通過して、すねの外側にいたる神経です。足首より下には症状は出ませんが、腿の横やすねの外側に違和感や痛みが出ます。主に腰より股関節の筋肉が緊張することにより神経が圧迫されて神経症状が出ます。

 

【痛む動作、姿勢】

長時間の椅子に座った姿勢や長時間の立位で、神経症状がでる。お尻を叩くと少し楽、痛むお尻を下に出来ない。

 

 


 

大腿神経痛

zadai

結構稀です。腰から出た神経の一部が股関節の前側から出て、腿の前にいたる神経です。神経症状は腿の前までしか出ません。

 

【痛む動作、姿勢】

立位で腿の前面に神経症状がでる。

 


 

 

最新鋭の坐骨神経痛治療

北京堂(新潟)の坐骨神経痛治療は原因筋に直接アプローチが出来る、最新鋭の腰痛治療です。

 

 

坐骨神経痛の原因は先にご説明した筋肉が原因です。これらの原因筋を緩めて神経の圧迫を取り除く様にする方法は直接原因筋に鍼を刺すことです。

 

筋肉に鍼を刺す事で、筋組織内を通過する血管は拡張して、筋組織の弛緩や回復が起こります。これは直接筋肉にアプローチが出来る鍼治療ならではの効果です。

 

さらに当院でしかできない事が、「坐骨神経痛原因である全ての筋肉に安全に鍼を刺せる」事です。

 

 

他の鍼灸院では浅い筋にしか鍼を届かせることができませんので、マッサージや整体と効果に大きな差はありませんが、当院は違います。

 

説明した坐骨神経痛の原因筋すべてに安全にしっかり鍼を届かせることが出来るのです。これは当院の流派「北京堂式」ならではの鍼技術です。

 

この技術のおかげで、他では治らない坐骨神経痛が改善するのです。

 

 

 

院長から一言

1344北京堂鍼灸院(新潟)院長

吉村 高福(よしむら たかよし)

 

新潟県十日町出身

国家資格

・鍼師・灸師

・按摩マッサージ指圧師

・柔道整復師

 

坐骨神経痛はとてもツライ症状です。私自身、20代前半で腰痛をこじらせて坐骨神経痛になり、何カ月も悩まされました。

 

病院で湿布を処方してもらい、MRIなどで検査もしましたが、腰痛は悪化して、坐骨神経痛(当時は外側大腿皮神経が原因でした)も強くなっていきました。

 

なんとか時間をかけて治すことが出来ましたが、坐骨神経痛に悩まされていた時期は本当に辛いもので、絶望感でいっぱいでした。

 

そんなツライ坐骨神経痛に悩んだ時に、自分自身が求めていたことが「何をしてでもいいから坐骨神経痛を治したい」という思いでした。

 

当院で行う坐骨神経痛の施術はそんな思いの方に向けた「治すことに特化した坐骨神経痛治療」です。

 

早く治したい、どこに行っても治らなかった。など坐骨神経痛を治したい方はご連絡ください。

 

 

 

お問い合わせ・アクセス

北京堂鍼灸院 新潟


1212

 

TEL:025-369-4158

完全予約制・当日予約も可能です。

 

○診療時間 9時~20時

最終受付 19時

○住所:新潟県新潟市西区寺尾東1-3-8

○アクセス:バス停「坂井東二丁目」から徒歩1分、寺尾駅から徒歩10分

 

☆初めての方は、お電話にて初めてです。インターネットを見た。」とおっしゃってください。こちらからご希望の日にち、時間をお伺いします。駐車場の位置や治療院の場所はアクセスに記載しておきますが、近くに来た際にわからないようでしたらお電話でご説明します。