1. 施術当日にお酒を飲むと鍼施術の効き目が悪くなりますので、1日だけお酒を控えてください。(お酒は筋肉を固く、委縮させたりします。痛みがあるうちはやめた方がいいです)
  2. お風呂は入ってもかまいません。しかし、汗をかくほど入らない様にしてください。 
  3. 施術した後は、出来れば横になって2~3時間休んでください。効果が高まります。
  4. 次の施術は3日以上間を空け、1週間以内に来てください。筋肉が緩んで血液がスムーズに流れ、快復します。つまり鍼は、硬く縮んだ筋肉の痙攣を解除して、筋肉痛に変えているのです。筋肉痛が治まったところで次の施術します。
  5. 鍼したあと運動してはいけません。だから頚を施術したら下を向いてはいけません。
  6. 寝不足だったり、体調が悪かったりすると、暈鍼と呼ぶ貧血状態(迷走神経反射)になります。気分が悪くなり、冷や汗が出たり、吐き気がしますが、お水を飲んだり、鍼を抜いて横になっていれば改善します。
  7. 重症の場合は刺鍼時の重くだるくなる感覚(ひびき,得気と言います。)をかなり強く感じます。症状が軽くなるにつれて、感じなくなりますが、その部分が悪いから鍼を痛く感じるわけで、鈍感があれば鍼が悪い所にうまく当たっていると思って良いでしょう。
  8. 鍼施術した後、そこが膨れる事があります。これは毛細血管に鍼が当たった内出血です。注射では外に出血しますが、鍼は細いので内部に溜まる事があります。少し手で押さえるか、温めたタオルで湿布します。1~2週で無くなります。