その他の症状 施術回数目安

鍼灸適応疾患

頭痛 肩こり 首こり 眩暈 耳鳴り 難聴 ムチウチ 顎関節症 三叉神経痛 顔面神経麻痺 手腕の痺れ(神経痛) 四十肩(五十肩)野球肩 腱板損傷 テニス肘 野球肘 ゴルフ肘 背中痛 腰痛 臀部痛 ヘルニア 股関節痛 坐骨神経痛 足の痺れ(神経痛) 膝痛 シンスプリント 肉ばなれ アキレス腱炎 捻挫 足底筋膜炎 腱鞘炎 便秘 うつ病 自律神経失調症 不眠 薄毛 その他。

症状の改善は痛みの程度と期間本人の年齢に大きく影響を受けます。

  1. 痛みが強いとまわりの筋肉まで緊張してしまい、重症化しやすいです。
  2. 痛い期間が長いほど治りずらく、まわりの筋肉まで悪くしてしまいます。
  3. 年齢が高齢な方ほど筋肉再生が悪く、治りにくいので回数や期間がかかります。

普段の行動で改善しやすくできますので、鍼施術以外にも行ってください。

  1. 患部を冷やさないようにすることで悪化を防ぐ。
  2. 患部を温めることで改善がしやすくなります。
  3. 夜湿布をしない。湿布は筋肉内の血管収縮を行うので筋肉が酸欠状態になります。昼間だけにしましょう。
  4. 痛みの出ない程度にストレッチ。痛みが出ると筋肉は伸びなくなりますので、お風呂上りなど体が温たまっている状態で行いましょう。