ゴルフ肘 テニス肘 野球肘外側上顆炎 内側上顆炎

作成中 ・・・・・・・

ゴルフ肘、テニス肘、野球肘は正式には「上腕骨内側上顆炎、上腕骨外側上顆炎」と言います。これらの症状は過度の前腕筋の筋緊張や強い衝撃を受けて起こります。軽度なら筋肉の緊張による痛み程度ですが、悪化すると筋肉の付着する骨膜が炎症を起こしてズキズキ痛み、動かさなくても痛み、動かすと強い痛みが出るようになります。

野球では握る動作や前腕の回内動作が多いため、肘の内側にある内側上顆炎になりやすく、テニスではバックハンドで手首を返す動きを行う為、