ゴルフ肘 テニス肘 野球肘外側上顆炎 内側上顆炎

ゴルフ肘、テニス肘、野球肘は正式には「上腕骨内側上顆炎、上腕骨外側上顆炎」と言います。これらの症状は過度の前腕筋の筋緊張や強い衝撃を受けて起こります。軽度なら筋肉の緊張による痛み程度ですが、悪化すると筋肉の付着する骨膜が炎症を起こしてズキズキ痛み、動かさなくても痛み、動かすと強い痛みが出るようになります。

野球では握る動作や前腕の回内動作が多いため、肘の内側にある内側上顆炎になりやすく、ゴルフでは手首の伸展やインパクトの衝撃で利き腕ではない腕の外側上顆炎になりやすいです。テニスは両面でボールを打つので肘の内外両方共痛めることがあります。

内側上顆炎も外側上顆炎も原因は同じです。

  1. 反復的なトレーニングや手作業による筋肉疲労 (前腕の筋肉の張り感)
  2. 筋疲労による筋緊張の増大(前腕の筋肉の痛み)
  3. 持続的筋緊張で腱と骨膜の付着部に炎症が発生(内or外側上顆に痛み)

基本的にはこのような経過をたどり発生しますが、例外で手首に強い負荷を受けた場合や上腕部の筋肉損傷で起こることもあります。

1,2の段階でしたら早期に改善しますが、3の状態は回数と期間が多くかかります。改善する場合↓

  1. 鍼施術で筋緊張を緩和させる。
  2. 筋腱の緊張がなくなり、骨膜への刺激低下
  3. 骨膜の炎症の回復
  4. 痛みの低下、消失

一時的に手を使う作業やトレーニングを中断した方が早く治ります。痛めた原因となる作業やトレーニングを続けると治りは悪くなりますのでご注意ください。

内側上顆炎、外側上顆炎の原因筋

内側上顆炎、外側上顆炎の原因となる主な筋肉は、前腕の筋肉です。写真は外側上顆炎ですが、指や手首から外側上顆に付着する筋肉(前腕伸筋群)が緊張して初期では筋肉に痛みや違和感が出ます。(中心よりの✖)筋緊張により骨膜が炎症すると図の一番左にある外側上顆に痛みが出るのです。

内側上顆炎では前腕屈筋群が原因で起こります。握る動作が主に原因になりやすく、手作業やスポーツで痛めます。

改善にはこれらの筋肉を弛緩させて柔軟性を持たせる必要があるのです。

内側上顆炎、外側上顆炎の鍼灸施術

鍼灸施術では鍼施術が有効的です。直接緊張のある筋肉に刺鍼して緊張を和らげます。骨膜の炎症がある部分には、皮内鍼や円皮鍼などの張るタイプの鍼も行い炎症を抑えていきます。

筋肉の痛みや張り感なら2,3回でかなり軽減できます。改善後はストレッチなどのケアをしていただければ維持できますが、再度違和感が出始めたら早めに鍼施術をすれば少ない回数で改善します。

骨膜の炎症があるタイプは筋肉が緩んでから炎症が治まりますので、2,3回で軽減が始まります。手を使う作業やトレーニングを減らせばそれだけ早く改善しますが、どうしても痛む動きを続けると改善が悪いので、一時的に手を使わないようにするのが理想です。(使いながらだと期間と回数が多めにかかることがあります。)

結果的に鍼施術は直接原因の筋肉に刺鍼するので、少ない回数、短い期間で改善しやすいですが、直接鍼を刺すので刺激が少しあります。効率を求める方におすすめです。