坐骨神経痛 足の神経症状足の痺れ 痛み 違和感

あなたはこんな坐骨神経痛に悩んでいませんか?

  • 足が痺れる 
  • 足が痛む
  • 足の感覚が鈍い
  • 何がを踏んでいるような感覚が常にある

坐骨神経痛は「しびれ」「痛み」「何かが張り付いてる様な違和感」を感じるツライ症状です。 少し違和感がある程度なら良いですが、放置すると悪化して強いしびれになったり、感覚が明らかに鈍くなったりします。 坐骨神経痛の特に困ったことは、薬が効かないことです。市販や病院で薦められる薬のほとんどが「痛み止め」です。ですが、痛み止めは痺れには効果がありません。坐骨神経痛は痺れ(神経痛)が原因だからです。 他にビタミンB関係の薬(ナ○リンなど)もありますが、これは神経組織の修復を助ける薬なので、すぐに治るものではありません。 こんな坐骨神経痛で悩む状態が続くようでは何をしていても楽しくありませんし、なにより仕事や生活に支障が出ます。 それは防がなくてはなりません。早く坐骨神経痛を改善して仕事や運動に復帰しましょう。

坐骨神経痛の原因
坐骨神経痛は病名ではなく、症状の総称です。坐骨神経が何らかの原因で圧迫をされたことで、「痺れ」「痛み」「何かが張りついている様な違和感」を感じることを坐骨神経痛と呼びます。  坐骨神経痛の原因は大きく3つに分かれます。それは骨(関節)、筋肉、椎間板です。 骨が圧迫する坐骨神経痛は実はかなり少なく、ほとんどの坐骨神経痛は筋肉が神経を圧迫しています。主に足に向かう神経の出口にある大腰筋やお尻にある梨状筋等の殿筋群が圧迫するのです。 筋肉が圧迫する坐骨神経痛の特徴は姿勢や動き、時間帯で症状が強弱することです。 原因の筋肉が異常に緊張することで神経を圧迫するのが筋肉性の特徴です。なので原因筋に鍼を届かせて筋肉の緊張を弛緩させてあげることで坐骨神経痛は改善します。 では、詳しい坐骨神経痛の種類と症状をご説明します。

 

坐骨神経痛の種類と原因筋
坐骨神経痛は現在、足の神経痛症状の総称で呼ばれていますが、実際は坐骨神経以外にも神経はあり、各神経によって痺れなどの症状の出る位置が変わります。

坐骨神経痛  坐骨神経痛のなかで一番多い症状がやはり、坐骨神経からの症状です。坐骨神経は腰から出て束になり、お尻から後ろに出てきて、腿のうら、膝の裏を通過して2つにわかれて、足の表裏にいたります。坐骨神経痛の症状が出る位置も神経走行上でお尻や腿裏、ふくらはぎ、足の表裏に出てきます。 【痛む動作、姿勢】 長時間の椅子に座った姿勢で坐骨神経痛の症状がでる。腰を伸ばすと(立ち上がる、歩いている)と坐骨神経痛がでる。夕方になると坐骨神経痛が出る。

外側大腿皮神経痛 腰の神経の一部が束になり、股関節から外に出てきて腿の外側を通過して、すねの外側にいたる神経です。足首より下には症状は出ませんが、腿の横やすねの外側に違和感や痛みが出ます。主に腰より股関節の筋肉が緊張することにより神経が圧迫されて神経症状が出ます。 痛む動作、姿勢】 長時間の椅子に座った姿勢や長時間の立位で、神経症状がでる。お尻を叩くと少し楽、痛むお尻を下に出来ない。

大腿神経痛 結構稀です。腰から出た神経の一部が股関節の前側から出て、腿の前にいたる神経です。神経症状は腿の前までしか出ません。 【痛む動作、姿勢】 立位、歩行時に腿の前面に神経症状がでる。

坐骨神経痛と鍼灸
北京堂(新潟)の鍼灸は原因筋に直接アプローチが出来る、最新鋭の鍼灸です。  坐骨神経痛の原因は先にご説明した筋肉が原因です。これらの原因筋を緩めて神経の圧迫を取り除く様にする方法は直接原因筋に鍼を刺すことです。筋肉に鍼を刺す事で、筋組織内を通過する血管は拡張して、筋組織の弛緩や回復が起こります。これは直接筋肉にアプローチが出来る鍼施術ならではの効果です。 さらに当院でしかできない事が、「坐骨神経痛の原因である全ての筋肉に安全に鍼を刺せる」事です。 他の鍼灸院では浅い筋にしか鍼を届かせることができませんので、マッサージや整体と効果に大きな差はありませんが、当院は違います。  説明した坐骨神経痛の原因筋すべてに安全にしっかり鍼を届かせることが出来るのです。これは当院の流派「北京堂式」ならではの鍼技術です。  この技術のおかげで、坐骨神経痛が改善するのです。