鍼灸 施術例

60代 男性 無職 左下腿部の痛み痺れ

年末年始から仕事やプライベートで重い荷物の移動やタイヤ交換などの腰を酷使するような仕事を繰り返した。そのせいか2月9日に腰に激痛が出る。それに続くように左足の脛外側が痺れるように痛む。皮膚の感覚もおかしい。現在は腰の痛みは無くなったが、歩くと左足が強く痺れ痛むので歩けない。杖をついて何とか歩いている。病院では痛み止めをもらい、痛みがツラい日は4回くらい飲んでいる。夜は痛みで起きてしまいしっかり眠れない。
★写真は2回目施術

左下腿部の痛み痺れ(男性 60代 無職 )

来院時の状態杖を突いてゆっくり気を付けながら来院。来院時は痛み止めのせいか比較的、痛みは小さくなっている様で、痛むときはほとんど歩けなくなるとのこと。痛む付近の筋肉を圧迫して確認するも痛み無し。腰の屈曲で痛みに変化なし、伸展や立位で痛み違和感強くなる。下腿外側に感覚鈍麻あり。
鑑別、説明同時期に強い腰痛が発生していたので、腰股関節の筋肉が緊張して坐骨神経を圧迫していると判断し説明。大腿部に圧痛も無いので、初回は左の大腰筋、梨状筋、小殿筋に刺鍼して様子を見ると説明。変化次第で刺鍼部位を変えていくと伝える。
鍼施術 (初回)
左の大腰筋、梨状筋、小殿筋に刺鍼。置鍼、抜鍼後、その日の注意点を説明。

施術後、その日から夜間痛がなく眠れるようになる。次の日、足の痛み痺れが半減。皮膚感覚鈍麻は少し軽減。かなり動けるようになる。
鍼施術(2回目)
1回目と同じく左の大腰筋、梨状筋、小殿筋に刺鍼。

施術後、痛み痺れは1,2割程度になる。感覚鈍麻も軽減。家の中は杖を突いて歩かなくてもよくなる。薬を飲まなくなったので左下腿外側が夜中に少しうずくことがある。
鍼施術(3回目)
全体的に順調に改善しているが、左下腿外側に少し圧痛があるので、左大腰筋、梨状筋、小殿筋に腓骨筋と前脛骨筋を加えて刺鍼。

施術後、筋肉痛が一時的に強く出たが、翌週の段階でほとんど痛み痺れ無し、感覚鈍麻無し。外で15分ぐらいの散歩も出来た。まだ少し痛みが出るのではないかという不安感がある。


鍼施術(4回目)
まだ不安感があるので、来院。状態はほとんど気にならない。刺鍼は前回同様。

ほぼ完治状態なので、1週間様子見て違和感や痛みが出てくる様なら早めに来院するように伝える。問題なければ、徐々に散歩などの運動をするように指導。

この方は痺れが出て比較的早期に来院したので少ない回数で改善、完治しました。症状が出て時間がたつほど改善しずらくなるので、症状がある方は早めに行動したほうが良いでしょう。病院でヘルニアや狭窄症の診断が出ていても、実際は筋肉性の神経の圧迫がほとんどです。神経痛でお困りなら一度しっかり刺す鍼施術を試すことをお勧めします。