鍼灸 施術例

40代 男性 教員 左アキレス腱炎

仕事で長時間立位でいなくてはならず、ここ数週間痛みが左アキレス腱に出てきた。特に走ったりなどはしていない。

左アキレス腱炎(男性 40代 教員)

来院時の状態少し左足をかばう様に歩行して来院。以前から腰や肩などの施術をしてきているが、それに追加して左アキレス腱の痛みを取りたいと希望。痛みは仕事中の立っている時間が長いと痛みが出てくる。左アキレス腱の上1/2には圧痛があり、その下部に腱の肥厚と湾曲がある。左ふくらはぎ全体にも緊張があり、他は気になる部分は無し。
鑑別、説明元々左アキレス腱は腱に変成部がある為、腱の滑走に摩擦が生じやすく、そのせいで炎症が起こりやすいと考察。長時間の立位で筋疲労し、ふくらはぎからアキレス腱の緊張が強くなり腱鞘で炎症が起こったのだと思われる。施術は左ふくらはぎの緊張緩和とアキレス腱部の炎症を抑える為、左アキレス腱とふくらはぎに鍼施術を行うことを説明。
鍼施術(1回目)
左腓腹筋、ヒラメ筋、アキレス腱炎症周囲部に刺鍼。置鍼後、抜鍼。

施術後、痛みは半分以下になる。
鍼施術(2回目)
全体的に症状が改善しているので、刺鍼は同様に行う。

刺鍼後、改善したが今週は足を酷使することがあり少し痛みが戻る。
鍼施術(3回目)
前回同様に刺鍼を行う。あとは繰り返せばよくなると伝える。*仕事で患部を酷使しながらなので、その分回数はかかりますが、しっかり症状全体が改善しているので、後は繰り返せば症状は軽減していき消失すると考えます。