鍼灸 施術例

20代 男性 消防士 左肩痛

1週間前にベンチプレスをしてトレーニング中に体勢を崩した際に左肩に痛みが出た。その後重い荷物を持ったりすると左肩に痛みが出る。整形外科に行ったが上腕二頭筋長頭腱炎と診断され、湿布を出されたが治りが悪い。

左肩痛 (男性 20代 消防士)

来院時の状態左肩に痛みがあり来院。痛みは肩関節の前横側にあり、位置的に結節間溝があるので「上腕二頭筋長頭腱炎」の診断がされたと思われる。ただし、肩関節は前方挙上でP+、外転P+、伸展P+、内旋外旋はP-、肘関節屈曲P-であった。圧痛は三角筋前部繊維にあり。
鑑別、説明肘関節の屈曲でははっきりとした痛みはなく、肩関節の前方挙上で痛みが出ることから、「上腕二頭筋長頭腱炎」ではなく、「三角筋前部繊維の部分断裂」だと考える。上腕筋にも圧痛は無く、施術は三角筋の前側と外側に行うことを説明。
鍼施術(1回目)
上向きで左三角筋前部中心に三角筋に刺鍼。置鍼後、抜鍼。

後日来院時、痛みかなり改善した。7,8割は減り、トレーニングしなければほとんど痛くない。
鍼施術(2回目)
全体に改善しているので同様の施術。

元々の筋肉量があるせいか筋肉の修復が早いので、今回施術が終わってから2,3日して、トレーニングしても痛み出ないようならそのまま通常の生活をしてくださいと伝える。

今回の左肩痛はベンチプレスの重みが左肩に強くかかり、筋繊維が傷ついたのが原因です。整形外科では理学検査の際に、上腕二頭筋を調べようとして三角筋前部繊維にも力が入ってしまい誤診につながったと思われます。確かに痛みの部分や動きから間違えやすいですが、痛めたときの姿勢や行動(動き)で上腕二頭筋では無く三角筋ではないのかと考えれるケースでした。問診をしっかりすることで正確な情報が得られると、改めて思う症例でした。