鍼灸 施術例

40代 男性 会社員 左腰痛、左側腹部の痛み

1週間前に突然左腰が痛み、いったん回復したがまた痛み出した。今は左腰が痛むのと、左のわき腹が痛む。

左腰痛、左側腹部の痛み(男性 40代 会社員)

来院時の状態痛みは左腰部と左わき腹(季肋部の下部あたり)にあり、腰部の屈曲で痛みが出る。立位などの腰の伸展状態だと痛み出ない。左起立筋T10~S1の筋緊張が強く、圧痛あり。
鑑別、説明左腰部の痛みは起立筋の過緊張による痛みの可能性が高く、左わき腹の痛みは脊髄神経の後枝か前枝(第11か12肋間神経)が起立筋か大腰筋に圧迫されて痛みが出ていると判断し、左起立筋と左大腰筋に刺鍼することを説明。
鍼施術(1回目)
うつ伏せで左起立筋(L2以下は2ライン)と左大腰筋に刺鍼。置鍼後、抜鍼。

初回後、左腰の痛み軽減(残り2割程度になる)左わき腹の痛みも軽減(残り3割程度まで軽減) 
鍼施術(2回目)
全ての症状が改善しているので施術は同様に行う。

4,5日して痛みや違和感がないようなら普通に生活していいと説明。

わき腹に痛みが出る今回のようなケースはたまにあります。これは神経の圧迫が原因のようでピリピリ、チクチク痛むことが多いです。神経を圧迫するのは起立筋のことが多いですが、大腰筋も共に緊張していることがあるので、刺鍼して反応がある場合は一緒に置鍼します。これは背中でも同じように起こることがありますが、起立筋の緊張は共通してみられることが多いです。