鍼灸 施術例

40代 男性 教員 右耳鳴り 難聴

13日前の朝から右耳に耳鳴りが出始めた。病院で検査したところ難聴もあると診断された。ステロイドを処方されて耳鳴りは変わらないが、難聴は少し改善されたらしい。難聴に関しては自覚症状はない。現在は強弱はあるが、高音の耳鳴りが続いている。耳鳴りが出るきっかけや原因は思い当たらない。

右耳耳鳴り 難聴(男性 40代 教員)

初期の状態高音の耳鳴りが右耳のみあり、常に鳴っているがわかる程度で、夜の寝る前など静かになった時ほどはっきり感じる。難聴は自覚症状はない。
鑑別、説明耳鳴り難聴の施術は患側の頸部と翳風に刺鍼することで改善することが多く、当院では椎骨動脈などの脳血流の改善で変化すると考え鍼施術を行っていると説明。ただし、症状が出てから期間が経過するほど改善しずらく、3回鍼施術して変化が出なければ改善は難しいと伝える。
鍼施術(1回目)
左側臥位で、右頸と翳風穴に刺鍼。置鍼後、抜鍼。
連続的に鍼施術行い、変化があれば改善する可能性は高く、早期に連続で施術する方が改善する可能性も高くなると伝える。
鍼施術(2回目)
耳鳴りの大きさがかなり小さくなり、静かな所で意識しないと感じ取れないぐらいになる。
改善がみられたので、前回同様の鍼施術を行う、置鍼後、抜鍼。
一気に耳鳴りが改善したので、今回の鍼施術で耳鳴りが出ていないようなら様子をみてほしいと、また耳鳴りが出るようなら早めに来るように伝える。

今回の耳鳴りの患者さんは、2週間もたたないうちに来院したおかげで早期に耳鳴りが改善した例です。ほとんどの耳鳴り難聴の方が2,3月ぐらいで来院されることが多く、平均では2,3回ではっきりとした変化を感じます。ただし、3回鍼施術を行っても改善がみられない場合、当院の施術では改善しないです。他の治療をどんどん試す方が良いでしょう。時間がたつにつれて神経の変成が進み、改善できなくなっていきます。耳鳴り難聴に関してはわかっていないことも多くありますので、一つにこだわらない方が良いでしょう。