鍼灸 施術例

20代 女性 サービス業 腰痛 首肩こり 

3年前ぐらいから腰が痛い。多少の軽減はあるが長時間立ったりしていると痛みが強い。首肩のコリがあるので一緒にできたらしてほしい。

腰痛 首肩こり(女性 20代 サービス業)

初期の状態来院時は腰や股関節の屈曲は見られないが、長時間立っていると腰全体が痛くなるらしい。圧痛は起立筋や中殿筋に強く、腰方形筋と大腰筋の緊張もあると思われる。首肩こりに関しては僧帽筋や肩甲挙筋を中心に首全体に緊張がある。
鑑別、説明長い期間痛みが出ていた為、腰の筋肉のほとんどに緊張がみられるので、特に緊張の強い起立筋、大腰筋、中殿筋を優先して刺鍼していくと伝える。首肩も同じ体勢で出来るので、一緒に刺鍼していくと説明。
鍼施術(1回目)
うつ伏せで頸部、僧帽筋、肩甲間部、起立筋、大腰筋に刺鍼。患部が広いので刺激が強く、中殿筋は今回は無し。置鍼後、抜鍼。
鍼施術(2回目)
初回鍼施術後に風邪をひいてしまい、変化が良く分からなかったらしい。今回も頸部、僧帽筋、肩甲間部、起立筋、大腰筋、中殿筋に刺鍼。置鍼後、抜鍼。
鍼施術(3回目)
首肩こりも腰痛も改善あり。仕事中に腰が痛むのが3割ぐらい減ったとのこと。改善がみられるので同様の鍼施術を行う。置鍼後、抜鍼。
鍼施術(4回目)
前回同様改善している。痛みやコリ感は半分以下とのこと。同様の鍼施術。置鍼後、抜鍼。
鍼施術(5回目)
首肩こりはほとんど気にならない程度まで改善。腰痛は違和感程度まで改善した。同様の鍼施術。置鍼後、抜鍼。

施術後、首肩腰のストレッチを指導して普段から行う様に勧める。ほとんど気にならないようなら様子見で、痛みやコリが強くなるようなら早めに来るように伝える。

典型的な慢性腰痛と首肩こりでした。最初は痛みやコリの範囲が小さくても、その痛み刺激のせいで他の筋肉まで緊張が強くなります。この方も最初はそんなに広い範囲に痛みは無かったらしいです。初回の鍼施術で変化が出なかったのは、鍼で筋肉内の血管を拡張させたのですが、風邪による発汗で血管が収縮したのが原因ではないかと思われます。鍼施術後は運動や長時間のお風呂を控えないと効果が出ずらくなります。鍼施術後はお布団でゴロゴロしているぐらいがいいです。