顎関節症

顎関節は、口を開閉したり、顎を前後左右に動かすための大事な働きをしています。顎関節と関節周囲の筋肉に障害が起こるのが顎関節症です。顎関節は側頭骨と下顎骨その間の関節円板、骨を動かす筋肉に分かれます。

顎関節で障害が起こりやすい順に、①筋肉性、②関節包、靭帯の障害、③関節円板の障害、④骨の障害、です。特に何もしないで一時的に痛みが出たりするのは筋肉性です。一番多く、顎の筋肉が緊張状態から緩まなくなると、くいしばりや口の開け閉めで痛みがでるようになります。これは筋肉自体が痛みを出すこともあれば、筋緊張が強くなり関節部の摩擦が大きくなり痛むこともあると思われます。②~④は主に大きな外力や長期の負荷や摩擦が原因だと考えられます。顎を横や下から打ち付けるなどの怪我やスポーツで起こること多く、障害が重度になると ②関節包、靭帯<③関節円板<④骨 の順に重症になります。顎関節症の原因に関しては生活習慣やストレス、癖、筋肉性の長期障害などいろいろな要因が重なり起こると考えられています。(ストレスは休息時も筋緊張が緩和されなくなり、無意識でくいしばりやかみしめが起こります。

筋肉性の顎関節症の鍼灸治療

顎関節症で筋肉性が原因の場合、北京堂鍼灸院では鍼施術が基本になります。顎を動かす筋肉に直接刺鍼して筋緊張を緩和させます。主な原因の筋肉は4つです。側頭筋、咬筋、内側翼突筋、外側翼突筋です。顎二腹筋は細いので優先度は低めになります。顎関節の筋肉を刺鍼するときは口を少し開けた状態で行います。途中で口が閉まらないようにタオルや紙コップをつぶしたものを咥えます。体勢は上向きか横向きで、横向きだと唾液が垂れることがあるので、タオルの方が良いでしょう。口は大きく開けれないこともありますが、無理して大きく開けると、筋肉が引きつり、途中で痛みが増してしまうことがあります。顎の力を抜いて少し口が空く程度が筋肉が弛緩しやすくて良いです。痛みの為口が開かない場合はそのまま行います。鍼施術を繰り返すうちに開くようになったら、少し開けた状態で施術します。

側頭部に大きく広がる筋肉が側頭筋です。側頭部からこめかみに向かう様に横刺します。頬骨から下顎骨に着く筋肉が咬筋です。この筋肉も薄く下顎角の位置に斜刺や横刺します。残りの外側翼突筋内側翼突筋は下顎骨の内側にあり、顎関節の隙間や裏を狙い刺鍼します。内側翼突筋は下顎角の内側に付着するので、翳風の少し下方から下顎角の内側に沿わせるように刺鍼します。外側翼突筋は、下関あたりにある頬骨の下のくぼみに刺鍼します。だいたい1,2センチ刺入すると筋膜に刺さりますので、そこから5ミリほど刺入して止めます。顔は血管が多く、出血を起こしやすいので、刺鍼転向は行わないようにして、抜鍼の際もしっかり圧迫をを行うことで内出血を出来るだけ防ぎます。刺鍼後は40分の置鍼を行ったのち抜きます。顎関節症は肩こりや頭痛に大きく影響を受けることがあります。顎の刺鍼だけで改善が弱いようなら、首肩の刺鍼を行う必要があります。

鍼施術は筋肉性の顎関節症にしか効果がありません。関節円板に傷ができると「カクン」と引っかかる感覚が出ますが、これは鍼では改善されません。ただし、それに伴う痛みには効果があることが多いです。