鍼灸 施術例

60代 男性 会社員 ぎっくり腰

6日前に腰が徐々に痛くなり、3日前には歩くのも困難になった。昨日病院に行き痛み止めをもらって、ある程度良くなったがまだ痛いので来た。

ぎっくり腰(男性 60代 会社員)

初期の状態来院時は腰が屈曲した姿勢で歩行。しばらくすると伸ばせるらしい。起立筋部に緊張がみられること、股関節が屈曲位から伸ばしずらい事以外は問題なし。
鑑別、説明股関節が伸ばせない典型的なぎっくり腰だと説明。大腰筋が収縮して股関節が屈曲状態から伸ばせず前傾姿勢だったので、姿勢を維持するために起立筋が緊張してきたのだろうと説明。起立筋と大腰筋の刺鍼で改善するだろうと伝える。
鍼施術(1回目)
うつ伏せで起立筋、大腰筋に刺鍼。置鍼後、抜鍼。

施術後、すぐに腰を伸ばした姿勢で歩ける。痛みも半分以下になる。今日は動き回ると痛みが戻る可能性があるのでしっかり休むように伝える。
鍼施術(2回目)
初回鍼施術の翌日には痛み無し、少し違和感がある程度に改善。予防もかねてもい一度鍼施術をしたいと来院。
初回同様の施術を行う。置鍼中に脳貧血を起こし中断。休憩して改善したの今回はそこで終了。普段透析をする際にも脳貧血は良く起こるらしく、刺激に弱い体質らしい。

施術後、腰に違和感痛み無し。

症状は典型的なぎっくり腰です。大腰筋の収縮による腰が伸ばせなくなるのが特徴で、早期に施術すれば1,2回で改善します。この方は初回時に痛み止めを飲んでいたせいか、初回時は脳貧血を起こしませんでした。注射や点滴などの針刺激で脳貧血(めまいや気持ち悪さ)を起こす方はたまにいます。注射のたびに脳貧血を起こしている方は鍼施術でも起こることが多いです。起こっても横になって休めば5分もすれば治りますが、空腹時や睡眠不足での鍼施術は、脳貧血を起こす要因になるのでお気を付けください。(不眠症での睡眠不足は問題ないです。)