鍼灸 施術例

30代 女性 整体師 肩こり 腰痛 偏頭痛

学生のころから肩こり、腰痛に悩まされている。数年前から偏頭痛が出ることもある。体が疲れやすい。

肩こり 腰痛 偏頭痛(女性 30代 整体師)

初期の状態肩こりは頸部、僧坊部に痛みと筋緊張が強く、腰は起立筋部に緊張が強い。臀部や腰方形筋はそれほどではないが、背中(起立筋部)は筋緊張が強い。偏頭痛は週に1回ぐらいで、左右で決まってはいない。
鑑別、説明肩こりは頸部と僧坊部うを中心に、腰痛は起立筋を中心に鍼施術を行い、筋緊張を緩和させて「肩こり 腰痛 偏頭痛」の改善を図ると説明。偏頭痛は頸部の慢性的な緊張による神経圧迫が原因だと思われるので、肩こりの施術と同じなので変化次第で刺鍼ポイントを加えていくと説明。体の疲れが取れないのは筋肉緊張が強く、睡眠時もやや緊張状態にある為だと思われる。患部の症状の改善と一緒に改善されると思われると説明。症状が昔からの慢性化してるので3回ぐらいはやらないと戻りやすいと伝える。
鍼施術(1回目)
頸部、僧坊部、起立筋(腰背部全部)、大腰筋(確認の為)に刺鍼。置鍼後、抜鍼。初回は偏頭痛に対して頸部のみで様子を見る。変化が乏しいようなら側頭筋も次回以降施術する。腰部は大腰筋の反応や症状は無いが、刺鍼して多少筋緊張を感じるので、施術範囲に入れる。
鍼施術(2回目)
初回の次の日には肩こり、腰痛共に改善あり。慢性的な痛みが半分近く減る。今日来院するまでに少し戻るが、偏頭痛も今のところ出ていない。

全部の症状に改善がみられているので、2回目も同様の刺鍼。置鍼後、抜鍼。
鍼施術(3回目)
初回同様に改善あり。肩こり腰痛共に強い痛みはなく、たまに軽度の痛みが出るか違和感程度。偏頭痛もなし。

同様の施術。置鍼後、抜鍼。痛みもほぼないのでお風呂上がりのストレッチの指導。

典型的な慢性的筋肉疲労による肩こりと腰痛です。偏頭痛も肩こりの頸部の筋緊張によるものだと思われます。筋肉は疲労すると硬く緊張するので、そのせいで痛みや神経痛(頭痛)が出ます。一時的な筋疲労なら休めば数日で元に戻りますが、強く筋緊張になったり、連続的に筋肉疲労を繰り返すと慢性的な筋緊張になります。予防は適度な有酸素運動(15分から30分ぐらいの散歩程度)や体を温めてからのストレッチ(温泉や入浴後の時間をかけてのストレッチが有効)が効果的です。慢性的になり始めたら、早い段階に鍼施術すれば回数かかりませんし、痛くありません。私はいつも早めにします(^^)